サプリメントで効率的に健康管理

健康管理の方法をいろいろな角度から考えよう!

サプリメントは使い方次第で健康管理のサポートになる

サプリメントを何のために飲んでいるのかわからないという人も意外と多いようです。何もしないよりも何かしたほうがよいという目的で、いわば気休めといったニュアンスでサプリメントを活用することもあるのかもしれませんね。

確かに、今の時代はとにかくサプリメントの種類が豊富にありすぎるため、どれでも何らかの効果があるかもしれないと感じられることは事実です。しかしニュアンスでサプリメントを決定しては、それはもうすでに健康管理としての意味をなしていません。

ただ、サプリメントはその成分や用法をしっかりと確認することで、健康管理のサポートとして十分機能します。たとえば飲酒習慣がある人、アルコールの過剰摂取の傾向がある人にとっては、しじみ系のサプリメントの効果が高いとされます。特に腎機能への効果が高いといわれます。

ほかにも肝機能を改善する効果があるサプリメントもあれば、最近では激痛を伴う痛風の原因となる高尿酸血症への効果があるとされるサプリメントもあります。医薬品のように尿酸値を直接的に下げる(尿酸結晶を融解させる)と、激痛の発作が襲うリスクも考えられるので、サプリメントなら効果が緩やかな分、痛風発作のリスクが減るなどともいわれます。

今挙げたサプリメントはほんの一例にすぎませんが、疾患の症状への効果、あるいは予防効果があるサプリメントはほかにもいろいろあるので、健康管理の一助になる可能性は高いといえるでしょう。

サプリメントの成分には十分注意を!

確かに健康管理をサポートする効果が高いサプリメントがあることは事実ですが、ただ、サプリメントの含有成分には十分注意する必要があります。中には、人体にとってマイナスになる、あるいは少なくともプラスにはならない成分が含まれているサプリメントもあります。

日本製のサプリメントなら、厳しい厚生労働省の検査を通過している高品質のサプリメントである確率が高いですが、比較的安価で購入できる輸入のサプリメントの場合、有毒とまでは言わないものの、あまり好ましくないと思われる成分が含まれている可能性がないとは言い切れません。

とはいえ逆転の発想で、複数の効果が見込まれる複数の成分を含有したサプリメントの場合、コストパフォーマンスには優れている可能性が高いので、選択肢はいろいろあるといえるでしょう。ドラッグストアの薬剤師さんに相談してみると、自分に合ったサプリメントを選び、健康管理の助けとなる可能性は高いでしょう。